2019年は黄金のブタ年⁈ 韓国ではブタコラボがたくさん!韓国の干支と新年の挨拶

あけましておめでとうございます。

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしたか?私はお店の方がおかげ様で大賑わいで、いつ倒れるのかと言わんばかりに忙しい毎日を過ごしていました。今年もブログで韓国と韓国コスメにかんする情報をたくさん紹介していこうと思っているので、是非見に来てくださいね!

 

では、本日は早速「韓国の干支」に関することを紹介していこうと思います。

Sponsered Link




 

にも日本と同じく十二支と干支があります。但し、日本と異なるのが一つだけありますそれは12番目の亥(い)がイノシシ(猪)ではなくブタ(豚)だということです。

は干支の祥地である中も「ブタ」で、日本人からすると「ブタ年」であることに驚くかと思いますが、逆に日本だけが「イノシシ年」で他の国からは驚かれますちなみに、十二支が微妙に国・地域で微妙に異なるケースは他にもあり、ベトナムなどでは「ウサギ年」ではなく「ネコ年」らしいです。

 

2019年は己亥年、韓ではブタ年です。特に己亥年は60年に一回巡ってくる金のブタ年だと言われています陰陽五行によると十干ごとに色があるが、己亥年の己は色で、色が金を象することから金のブタ年だといわれるのです。

で豚は起のいい動物です。多産で財産をやしてくれる家畜で、昔からお金を運んでくれる幸ある動物だと思われています。

そして、夢に豚が出てくるとくじを買ったり、商繁盛を祈るお店の開店イベントなどには豚の頭を飾ってお祝いをするしきたりが今でも行われています。そのお金を運んでくれる豚が財物の王の金色なら、いうまでもなく財運アップでしょう。

金のブタ年に生まれる子供は、生まれつき財運と福があるという言い伝えもあります。際、今から12年前の2007年は600年に一回巡ってくる金のブタ年だということで、子供の出産率が例年より10%以上とのこと実際、2007年に留学をしていた私もこの話はすごくたくさん聞きました。

今韓国に行くといろんな場所でブタの商品がたくさん並んでいるのは、実は干支が関係していたのです!韓国コスメでも期間限定でブタのキャラクターの商品や黄金のブタの商品が出ているようなので、是非見つけた時にはゲットしてみてはいかがでしょうか?

 

韓国の干支

  •  () /
  •  (うし) /
  •  (とら) / 호랑이
  •  () / 토끼
  •  (たつ) /
  •  () /
  •  (うま) /
  •  (ひつじ) /
  •  (さる) / 원숭이
  •  (とり) /
  •  (いぬ) /
  •  () / 돼지

上のようになっているのですが、韓国でも日本と同様、動物の名前で自分の干支を言う人が多いです。特に年齢があがればあがるにつれて、「何歳?」から「何年生まれ?」「干支は?」となる人が多いように感じます。

 

私は、 (たつ) / で、韓国語では干支のことを「」というので、용띠と答えます。例えばですが日本ではないのが12歳上の一回り違う人に「띠동갑(干支同級生/干支タメ)と言って可愛がってもらえることもあります。冗談で「同じ年だね~」なんて言ったりなんかも…。笑

 

日本と少し変わった干支と習慣、知っておくと話が盛り上がるかもしれないですね!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください