美白上級者をさらに満足させる効く美白ケアのポイント

美白ケアしっかりやってるのに…。ある程度の美白ケアの方法はちゃんと熟知してるはずなのになんで効かないの?なんて方におすすめな上級編を今回は紹介していこうと思います。

 

  • UVケアをしっかりしているのにシミができる
  • 屋内で過ごす時間が長いのになぜかくすむ
  • しみ・くすみが出るようになってからすでに3年以上
  • 大気汚染などの悪環境で過ごすことが多い
  • 美白ケアはある程度効果は感じるけどもっと効かせたい
  • しみ・くすみだけでなくしわ・たるみも気になる
  • 精神的・肉体的ストレスを感じやすい

なんて人は是非今回の美白ケアのポイントを押さえてみるといいかと思います。

 

Sponsered Link




 

美白効果が出にくいのは血流がダウンしているから

運動不足やストレスで血流が悪くなると、メラニンが滞りがちになります。体温が低い人も血流が悪くなるので、どんよりしたくすんだ肌になりやすいだけでなく、しみが出来やすい状態に!肩こりや首のこりも血流ダウンの温床なので、ストレッチを少し長めにやってみたり、体を温める食べ物を食べるように意識しましょう!

  • 体を冷やす食べ物:りんご、バナナ、パン、ヨーグルト、コーヒーなど
  • 体を温める食べ物:ごぼう、海藻、人参、卵、肉、魚など

 

メラニンケアだけでは消えない黄ぐすみには糖化ケアを!

肌の表面だけでなく真皮のコラーゲンやエラスチンを活性化させることで糖化による黄ぐすみがケア出来ます。それだけでなく真皮のコラーゲンやエラスチンを増やすことでハリも出てくるように!美白美容液やサプリメントで投下を抑えてあげましょう!

 

 

ホルモンが関係してるしみには

  • 両頬:頬の高いところに左右対称に出る
  • 耳の前や鼻の下:うぶげをそる人に多く、左右対称に出る

そんな肝斑にはトラネキサム酸の入ったサプリメントや薬を飲みながら、肝斑を誘発・悪化させる摩擦刺激を避けるなどの工夫をしましょう!

 

しみ・くすみが消えにくい人は

毎日UVケアをしているのに消えないという人は環境物質や携帯などのブルーライトが肌に刺激を与えて、メラニンを誘発している可能性もあります。最近では環境対策をしてくれる日焼け止めなども出ているので探してみて!家で携帯を触る時には、家の中でずっと過ごしている時は日焼け止めを塗らない時が多いはずなので、少し携帯を触る時間を減らすなどの努力をしてみましょう!

 

アラサーになったらインナーケアで抗炎症、抗酸化を心がけましょう

日本人はメラニンが出来やすい人が多いので、日焼け止めだけで足りない人は飲む日焼け止めを飲むのもいいかもしれません。抗炎症・抗酸化作用のあるサプリメントを飲むなど体の内側からケアすることでお肌だけでなく、体の老化も防ぐことができます。

 

 

いかがでしたか?

美白効果のあるものを使っていたり、しっかり日焼け止めを塗っている人も多いかとは思いますが、「そこまで気にしたことなかった」という項目もいくつかあったのではないでしょうか?

しみは見た目年齢を13歳老けて見せると言われていますし、そこにくすみまで入ると…。怖いですよね。

いつまでも若々しさをキープ出来るように、まずは予防をしながら、それでも出来てしまった場合は根気よく美白ケアと保湿ケア・UV対策をしっかりしてあげましょうね!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください