韓国のお菓子 辛ダンドントッポッキ(신당동떡볶기)はハマる人が多い!

今回は新大久保で購入した 辛ダンドントッポッキをご紹介します。韓国で販売されているものと味は変わらないため、是非ご参考までに!

  • 辛ダンドントッポッキの会社・原料

  • 辛ダンドントッポッキの内容量とカロリー・お菓子の特徴

  • 辛ダンドントッポッキの中身

の3つに分けて書いていきます。

(記事作成時の商品を参考にしているため、今後製造会社で変更になる可能性もあります。)

Sponsered Link




  • 辛ダンドントッポッキの会社・原料・ポイント

会社:ヘテパシフィック株式会社

原材料名:小麦粉、砂糖、植物油脂、水あめ、トッポッキシーズニング(コチュジャンペースト、ブドウ糖、砂糖、デキストリン、食塩、たまねぎ粉末、ねぎ抽出物、しょうゆ)、米粉、コチュジャン、ブドウ糖、食塩、パセリフレーク、膨張剤、着色料(パプリカ色素)、pH調整剤、香料、調味料(核酸)、苦味料、(原材料の一部に大豆を含む)

お菓子の特徴:アレルギー物質/ 小麦・大豆

 

  • 辛ダンドントッポッキの内容量とカロリー・価格・賞味期限

内容量:75g

カロリー:1袋基準395kcal

価格:1500ウォン程度

賞味期限:袋の後ろに記載

  • 辛ダンドントッポッキの中身

トッポッキとは、トック「餅」とポッキ「炒め」から出来た言葉で、お米で作った細長いお餅を甘辛く炒めた料理です。韓国でトッポッキの元祖である「シンダンドン トッポッキ」の味をスナックで再現して作られたのがこちらの商品。

 

 

本場韓国のコチュジャンで味付けされていて、くせになる甘辛の味がおやつやおつまみにピッタリ!一度食べるとはまってしまうお菓子です。辛いのがすごく苦手な方には辛いと感じてしまうかもしれませんが、私は全く辛いとは感じず…。

 

パリパリと口へ運んでしまいます。

 

サクサクパリパリの食感で、韓国でも昔から大人気の商品の1つです。日本でも人気になったため、バターワッフル同様日本バージョンも作られているみたいですね!

 

ビールのおつまみに是非いかが?

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください