夜ご飯を食べるタイミングは、お風呂の「前」or「後」どっちが痩せやすい?

Q.ダイエット中なら夕食はお風呂の前? 後?

A.「後」 が痩せやすい!

入浴で消化管の活動が抑えられると考えられます!

お風呂で湯船につかると、全身に血液がめぐってポカポカになりますよね。本来、食事のときは胃腸などの消化管に血液を集中させて消化活動を行うので、血流が分散していると、消化管の活動が抑えられます。また、水圧で胃も圧迫されるので食欲がダウン。つまり、入浴のあとに食事をとるのが、食事量を減らすには良いと思われます。

 

Sponsered Link




 

Q.水分をとるならお風呂の前? 後?

A.「後」が痩せやすい!

汗で失われた水分を補って体のめぐりをアップ!

日中、普通に水分をとっているなら、入浴前にわざわざとる必要はなし。入浴後、一時的に体重が減るのは、水分が失われただけで、脂肪が減ったわけではありません。発汗量は、入浴中よりもお風呂から出たあとのほうが大量なので、失われた水分をすばやく補うことが重要。体内の水分が入れ替わってめぐりがよくなると、代謝がアップします。

 

Q.お風呂でストレッチするなら湯船の中? 外?

A.「外」 が痩せやすい!

よぶんな圧力がかからず、疑似サウナ効果のある外がオススメ!

全身の伸筋を十分に伸ばすのが、本当のストレッチです。狭い湯船の中では、それは難しいですよね。また、筋肉の緊張をゆるめるには、よぶんな水圧がかからないほうがいいんです。

さらに、湯気で自然な温熱効果が得られる洗い場は“疑似サウナ状態”。じわじわ温まりながら、全身を大きく動かして筋肉を伸ばすことで、体の芯からポカポカ状態が続きます。

 

 

Q.ぐっすり安眠するには就寝中もくつ下をはく? はかない?

A.じつは、「はかない」 が正解!

くつ下の摩擦が知らないうちに体へ、ストレスを与えることも!

くつ下には、現在の温度を逃さない効果はありますが、直接温める効果はありません。つまり、冷たい足にはいても、冷たいままキープされるだけ。しかも冬場は、衣類との摩擦で起きる静電気が、知らないうちに多大なストレスを体に与えていると言われています。

手足の冷えを解消するには、十分なストレッチで筋肉の血流を促すのが、もっとも簡単&確実な方法です!

 

いかがでしたか?

思ってたのと逆だった!なんて答えもあったんじゃないでしょうか?疲れた体を癒すための入浴タイムも、ひと工夫してみれば、ダイエット効果をアップさせてくれる時間へと早変わり!みなさんの習慣にもぜひとり入れてみて下さいね。

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください