若いうちから日焼け止めを塗る習慣をつけてお肌の未来を守ろう!

日焼け止めって塗らなきゃダメ?ファンデに入っているじゃん!面倒…。

なんて思っている人も多いかと思います。でもただ塗るだけで未来のお肌の未来が変わるのであれば、今からしっかり塗る習慣をつけた方がいいんじゃない?と私は思います。

 

Sponsered Link




 

真夏日でなくても1年中、日中は365日降り注ぎ続けている紫外線。実はそんな紫外線が肌老化の原因の8割だと言われています。通学や通勤などただ歩いているだけでも紫外線を浴びちゃうのに、日焼け止めを塗らずに歩いているなんて…。ただ朝だけに塗ってるだけだと汗や摩擦で落ちてしまった状態だったりも…。そんな毎日を過ごしていると5年後、10年後に後悔することになるかも!そんな未来の肌の危機、今ストップしよう!

 

ファンデーションや下地に入っているからと日焼け止めを塗らない人も多いかと思いますが、日焼け止めの適量ってご存知ですか?

実は「500円玉1つ分」や「パール2個分」と言われています。ファンデや下地をそんなたくさんの量を使う人ってなかなかいないと思います。日焼け止めは適量を塗った時に記載されている数値の効果を発揮するため、ファンデや下地だけを塗っていると量が少なくて、実際記載されている紫外線遮断の数値の効果が発揮できていない可能性が高くなります。

 

韓国人ってなんであんなに肌がきれいな人が多いかと言うと、もちろん食べ物や習慣もあるかとは思いますが、私が考えるに1番の違いは「しっかり日焼け止めを使う」「ファンデをサボっても日焼け止めはサボらない」と考える人が多いからではないかと思います。それくらい日焼け止めを重要視しているのです。

 

目に見えているシミだけでなく肌の奥にはまだ見えない隠れ地味が潜んでいることも…。シミには至らなくても紫外線をたくさん浴びた肌はどんよりとくすんだ印象を与えやすくなります。さらに紫外線によって肌のハリもダウンしていき、目元や口元にはしわが出てきてしまうことも!目元の肌変化は特に老けた印象を与えやすいので、今からしっかり日焼け止めを使う習慣をつけましょう!

 

今の50代・60代の方をよ~く見てみるとシミやくすみがすごい人って多い気がしませんか?それは若いころアイドル達が日焼けをして健康的な肌が人気だったから、日焼け止めをあまり使う人がいなかったからと言われています。

 

シミがあると年齢よりも5~10歳くらい老けて見える、くすんでいると3歳くらい老けて見えます。10代・20代の時には気にもしなければ自分はそうならないとなぜか自信にあふれていますよね。25歳も過ぎると「あれ?なんか肌が違う…。」なんてことになるかも…?

 

日々の積み重ねでお肌の未来が変わります。

是非今から出来ることは習慣づけて「日焼け止めを塗る」ことを忘れないようにしましょう!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください