今から初めておきたい「夏の肌老け」予防!今からの対策はどうする?(前編)

去年の夏終わりを振り返ってみましょう。

夏場にサボっていた分がいきなり秋や冬に肌にダメージが…ってなったことはありませんか?夏は暑くて肌の調子が変化しやすいだけでなく、スキンケアなどもサボりがちになりやすい時期。秋口に「なんか老けた?」なんてことにならないよう、夏前にしっかり対策しておきましょう。

では今回は「夏の肌老け」について、前編では「肌老けのメカニズム」を、後編では「肌老けの予防」と2回に分けて紹介していこうと思います。

 

Sponsered Link




 

夏の「肌老け」の原因って? 肌老けのメカニズムを知ろう!

夏の肌老けの最大の原因は、ずばり「紫外線」です。

実は、肌老化の80%は「紫外線の影響」と言われています。さらに、肌の乾燥やバリア機能の低下を引き起こす冷房やスキンケアのさぼりなど、夏は老けを招く要素が多くあります。

 

【主な夏の肌老けの原因】

  • 紫外線…コラーゲンやエラスチンの破壊
  • 冷房…肌の乾燥、血行不調を招く
  • スキンケアのさぼり…お手入れ不足による保湿不足
  • 免疫力低下…夏バテや寝不足による免疫力低下

などが考えられます。

 

肌老けの段階を確認してみよう!

肌老けには3つの段階があります。段階によって症状が異なるため、要チェックです!

■肌老け初期 症状:乾燥・毛穴

肌老けサインの初期段階は「乾燥」。夏場は皮脂や汗で肌表面が潤って見えても、冷房環境やお手入れ不足などにより肌の内側がカラカラになっているインナードライの状態に。この状態が長く続くと、肌の乾燥が進み、バリア機能低下を招きます。

そしてさらに毛穴が広がりやすくなり、毛穴がたるんで顔全体にたるみが…。

 

■ 肌老け中期 症状:くすみ→しみ

乾燥の深刻化に加えて、血行不良により細胞に十分な栄養や酸素が行き届かなくなることで、肌の新陳代謝が低下している状態。メラニンの排出の滞りや健全な肌細胞生成が妨げられ、老化進行に拍車をかけます。

 

■ 肌老け後期 症状:小じわ→しわ

健全な肌細胞がつくられていないことや、紫外線の影響による肌内部のコラーゲンやエラスチンへのダメージにより、角質層の潤いが不足し、肌の弾力・柔軟性が失われ、肌老けが表面化しはじめている状態。小じわをほおっておくと深いしわになって手入れに時間とお金がものすごくかかることに…。

 

夏ダメージを招く「NG行動」チェックリスト

暑い夏についやりがちな行動…。もしかして、肌ダメージを招いているかも。NG行動をチェックして、今夏にやらないよう気をつけましょう。

 

✔暑さに負けて、1日中エアコンつけっぱなし

✔ベタつく夏はさっぱりケアで乗り切るorスキンケアをサボる

✔暑さから食欲不振、さっぱり冷たいものが中心の食生活

✔少しだけの外出だから…、室内だから…とUVケアを気にしない日もある

 

チェックに当てはまった人は次の記事までしっかりチェックし、なぜダメなのかを理解し、NG行動をしないように努力しましょう!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください