韓国のお菓子 イカピーナッツ/オジンオタンコン(오징어땅콩)は昔から人気のお菓子

1976年に販売開始されたイカピーナッツというお菓子は、老若男女関係なく人気の商品。カリッっとした食感が美味しい大好きなお菓子の1つです。正直イカの味はしないですが、おつまみとしても最高のスナック!

  • イカピーナッツの会社・原料

  • イカピーナッツの内容量とカロリー・お菓子の特徴

  • イカピーナッツの中身

の3つに分けて書いていきます。

(記事作成時の商品を参考にしているため、今後製造会社で変更になる可能性もあります。)

Sponsered Link




  • イカピーナッツの会社・原料・ポイント

会社:株式会社オリオン

原材料名:加工ピーナッツ(ピーナッツ、小麦粉、水あめ)、白砂糖、小麦粉、とうもろこしでん粉1、混合食用油、とうもろこしでん粉2、変性でん粉、酸度調節材、イカ、食塩、水あめ、エビエキス、アンナト色素

お菓子の特徴:アレルギー物質/ 小麦・ピーナッツ・イカ・エビ・牡蠣

 

 

  • イカピーナッツの内容量とカロリー・価格・賞味期限

内容量:98g

カロリー:1袋基準492kcal

価格:1500ウォン程度

賞味期限:袋の後ろに記載 6か月程度

 

  • イカピーナッツの中身

 

厳選された質のいいピーナッツで作られていて、コーティングされているスナック部分は28回重ねられているため、サクサク感が半端ありません。オーブンでグルグル回しながら炒められていて、食感の良さをさらに引き出したお菓子!

 

40年変わらない味を守り、今でも根強いファンを持っています。たまに食べたくなるスナック菓子で、おやつにもビールのおつまみとしても相性抜群!ついついお口へと運んでしまうほど…。

他のスナック菓子に比べ、内容量も多い分1袋当たりのカロリーも高くなっています。食べ過ぎには注意しないといけないですね!

 

形は日本の「雀(すずめ)の卵」に似ていますが、雀の卵はかたい食感で甘辛いしょうゆの味が特徴的ですが、まず食感も味も違い、現代化された雀の卵というふうな説明が一番合うのではないかと思います。

 

すごく美味しいので、是非食べてみてくださいね。ただし、こちらの商品は海鮮系の食材も原材料に入っているため、アレルギーがある方はご注意ください!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください