3・3・7睡眠法で、寝ながら痩せる?

夜よく眠れていない人は、実は太りやすくなるってご存知でしょうか?睡眠法を意識して眠るだけで、自然と痩せやすい体になると言われています。では、一体どんな睡眠法なのでしょうか?

 

3・3・7睡眠法とは?

  • 睡眠してすぐ3時間は中断なしにまとめて眠る
  • 夜中の3時には熟睡状態である
  • 1日トータルで7時間眠る

 

この法則を守ると、睡眠中に成長ホルモンが大量に分泌されて痩せやすくなるという結果が出ています。成長ホルモンがたっぷり分泌されると、脂肪を燃焼させる働きを高めてくれるため、一晩に3000㎉のエネルギーを消化すると言われています。これは、ジョギング1時間程度の消費量と同じで、寝ながら痩せるには、しっかり睡眠をとることが大切になってくるのです。

 

毎日しっかり寝れている人は20~30代の女性では約30%になっていて、睡眠時間が7時間以下の人が80%と言われています。寝て痩せられるのであれば、嬉しいですよね!しっかり今日から睡眠を意識しましょう!

 

Sponsered Link




3・3・7睡眠と一緒に行うと良いことも紹介していきます。

 

朝起きたら常温の水または白湯をゆっくり飲んで、一日中しっかり水分を取る(目安2ℓ):老廃物を外に出すだけでなく、代謝がUPして死亡が燃えやすい体に!

夕食は寝る3時間前までにする:体は睡眠中も消火活動をするため、食べた後にすぐに寝ると熟睡状態になれない。

夜のドリンクはノンカフェイン!:ノンカフェインのハーブティーには、さらにリラックス効果が!

就寝1時間前にぬるめのお湯に15分以上浸かる:入浴で身体が温まると表面から熱が出ていき、新部体温が徐々に下がるため、入眠しやすくなる

夜の運動は避け、深呼吸で身体をリラックスさせましょう:ハードな運動は神経を刺激して寝付けなくなる

就寝1時間前からスマホやパソコンを見ない:ブルーライトは脳を覚醒させる

寝室の空気や寝具を清潔にする:睡眠中にホコリやばい菌を吸い込むと、それを対外に排出しようを体が活動をはじめ、眠りが浅くなる

就寝時は真っ暗な状態で寝る:寝る時間が近づくにつれ照明を暗くしていくと、より安眠出来る

 

このポイントも一緒に守ると3・3・7睡眠法の効果がUPするだけでなく、体の疲れもとれやすくなります。私も記事に集中してしまって、なかなか守れていないのでダイエットは永遠の課題ではありますが、一緒に頑張っていきましょう!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください