逆効果になっていない?“毛穴ケア”の正しい方法と頻度を守りましょう!

まだまだ毛穴が気になる時期ですよね。

小鼻、おでこ、あご…。毛穴の黒ずみやポツポツは、見てしまったが最後、ケアをしないと気が済まないという女性は多いのではないでしょうか?

毛穴汚れは見た目が汚いだけでなく、ファンデーションのノリも悪くします。そのため、汚れで詰まった毛穴は女性の天敵といえるでしょう。しかし、そうはいっても毛穴汚れを落とすために、念入りに毛穴ケアをするのは逆効果です!毛穴ケアは、毎日するものではないのです。

そこで今回は、毛穴ケアの正しい頻度をご紹介します。頻度を守って、ツルツルのたまご肌を目指しましょう!

 

Sponsered Link




 

「貼るタイプ」の鼻パックは月に1回

ドラッグストアで購入できる、プチプラが嬉しい貼るタイプの鼻パック。

毛穴がごっそり取れるため、ケアした後のシートを見るとすっきりしますよね。しかし、貼るタイプの毛穴ケア用パックは肌を傷つけることもあるため、月に1回で十分なのです。

貼るタイプの鼻パックは、使用したことがある方は分かると思うのですが、かなり強力な粘着力を持っています。そのため、剥がすときに毛穴と一緒に必要な皮脂や角質まで剥ぎ取られてしまうことがあるのです。

貼るタイプのシートを剥がすときに、痛みがあったり、赤みが出たことはありませんか?そうした場合の多くは、肌を守る皮脂や角質が剥がれていると考えられます。そして、これを高頻度で繰り返していると、肌の潤いを補おうと皮脂が過剰に分泌されるように…。その結果、さらに毛穴が広がったり、黒ずみやポツポツが目立ったりしてしまいます。

プチプラかつ剥がしたときの快感から、頻繁にケアしたくなる気持ちは分かりますが、貼るタイプの鼻パックは月に1回に留めておきましょう。

 

「ピーリング洗顔」は1週間に1~2回

ピーリング洗顔は、表記の頻度を守ることで、ほとんどの肌トラブルを避けることができます。もし分からない場合は、1週間に1~2回程度に留めておきましょう。

商品によっては、毎日使用してもよい場合もありますが、敏感肌の方はそれほど頻繁に行う必要はありません。ピーリング洗顔は、基本的に付けた後2~3分待つことで毛穴汚れを浮かび上がらせます。敏感肌の方は、ここで肌にかゆみが出たり、赤みが出たりすることもあるため無理に毎日行うのはおすすめできません。

ピーリング洗顔は、毛穴汚れが気にならなくなるまで、肌の状態を見ながら無理なく続けましょう。

 

「蒸しタオル」を使用するケアは1週間に1~2回

蒸しタオルを用いての毛穴ケアは、上記の2つに比べると肌に優しいため、できるだけ毎日行う方がよいと思っている方もいるかもしれません。しかし、実際は1週間に1~2回のケアで十分なのです。

蒸しタオルで毛穴ケアを行った後は、毛穴が開いて肌から水分が奪われやすい状態になっています。そのため、念入りな保湿が必要になります。普段よりもじっくり時間をかけて保湿し、肌と向き合いましょう。

蒸しタオルケアの注意点として、タオルを温め過ぎないことと、長時間タオルを乗せたままにしないことが挙げられます。タオルは、水で濡らしてレンジで30秒~1分ほど温めればOKです。もしもまだ冷たいようであれば、様子を見ながら10秒刻みで温めましょう。

そして、蒸しタオルを顔に乗せるのは3分程度にしておきましょう。気持ち良いからといって長時間乗せたままにしておくと、逆に肌の水分が奪われるなど肌へ負担がかかることに…。蒸しタオルが冷えてしまう前に、必ずタオルを外すようにしましょう。

 

食生活の乱れが毛穴汚れの原因になる!

適度に毛穴ケアを行うことはもちろん大切ですが、毛穴汚れの原因を探ることはもっと大切です。毛穴汚れの原因となり得るのは、例えば「食生活の乱れ」です。

ファストフードの食べ過ぎや、お酒の飲みすぎによって、毛穴が大きく開いてしまうことがあります。また、揚げ物やケーキの食べ過ぎによって過剰に皮脂が分泌され、オイリー毛穴になってしまうことも…。

毛穴ケアの頻度を見直すのと同時に、食生活も見直してみてはいかがでしょうか?

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください