毛穴目立ちは意外に冬にも起こる?毛穴が気になってしょうがない!

毛穴トラブルというと汗をかく夏のイメージが強いですが、実は冬にも毛穴目立ちは起こります。冬には冬の原因があります。それは、「乾燥」「開き」「つまり」の3つなのです!

 

乾燥毛穴

保湿が足りず肌が乾燥し、角質が乱れて、肌のバリア機能が乱れることで毛穴が開いて見えやすくなります。冬は湿度が低く空気が乾燥しているので、夏よりもなおさら乾燥しやすく、乾燥毛穴に落ちやすい時期になります。

 

開き毛穴

Tゾーンや頬に出来やすく、夏に受けた紫外線ダメージなどにより、皮膚の新陳代謝が低下し、健康な角質層の育成が阻害され、毛穴が開いている状態。進行すると毛穴が楕円状に下にのびて広がり、たるみ毛穴になります。

 

つまり毛穴

つまり毛穴は鼻や頬・あごなどに出来やすく、皮脂が剥がれ落ちた角質や汚れと混ざり形成した角栓が毛穴に詰まっている状態で、酸化が進むと角栓が白色から黒色へと変化し、より毛穴が目立って黒ずみに見えるようになります。

夏は汗をかくからしっかり洗顔やクレンジングをしますが、冬は乾燥しているから洗顔やクレンジングといった「落とす」ということを若干さぼりやすくなり、「保湿」の方に集中しすぎて、かえって油分を与えすぎてしまうことで起こるのがつまり毛穴です。

 

Sponsered Link




 

特に開き毛穴は、冬だからこそという感じがしますよね。夏場だけ日焼け止めを塗って紫外線から肌を守る人がすごく多いですが、冬場も夏場よりは少なくなりますが、それでも1年中紫外線は肌にダメージを与えるので、しっかり冬場も日焼け止めを塗る習慣をつけるようにしましょうね!

 

日焼け止めの大切さは、前に紹介しているので是非参考にしてみてくださいね!

参考:日焼け止めって必要?化粧下地やファンデーションだけだとダメなの?

参考:日焼け止めを塗ると化粧崩れやヨレが気になる!予防法ってあるの?

 

いかがでしたか?

毛穴は夏だけの悩みと思われがちですが、意外と冬場にも悩んでる人がすごく多いものです。夏場にスキンケアを少しさぼっていた人などは今の時期に毛穴が広がりやすいので、乾燥が本格化する前にしっかり「落とす」、そしてしっかり「保湿する」ということを習慣がけましょうね。

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください