ナイトキャップで寝ている間に艶髪へ!髪の毛の手入れどこまでしていますか?

スキンケア頑張って、ボディークリーム塗って体のケアして、トリートメントなどで髪の毛のケアして。女の子って本当に「美容」に尽くそうとすればするほど大変ですよね。

今回は少し変わったヘアケアの1つをご紹介します。

 

みなさんはヘアケアというとシャンプーやトリートメント、ヘアオイルなど実際髪の毛に対して使うものが多いかと思います。最近ではヘアケアが出来るドライヤーなどもありますし、ドライヤーの熱でダメージを受けるからと言って速乾スプレーなどもあって、愛用している人も少なからずいるのではないでしょうか?

 

Sponsered Link




今回はそれにさらにプラスして使用するといい「ナイトキャップ」をご紹介します。

人の頭は約10キロ近くあると言われ、一晩のうちに数十回寝返りを打つと言われています。つまり、寝ている時にはそれだけ髪に重みがかかり、摩擦でキューティクルがはがれ、ダメージやパサつきの原因になります。とくに枕にタオルをしいている人は、タオル生地が髪の毛のダメージをさらに悪化させている原因になっているため、枕カバーをこまめに洗うようにしてタオルをひかないようにするのがオススメです。

 

そこでナイトキャップをかぶることで、摩擦を軽減させ、水分の蒸発を防ぎ、髪の毛の潤いを守ってくれます。それだけでなく、かぶる前にトリートメントを髪に馴染ませれば、成分を浸透させるパック効果も発揮してくれます。

 

肌と同様髪の毛も深夜が綺麗になるゴールデンタイム!寝る前にしっかり洗って、しっかり乾かしてナイトキャップをかぶることで次の日にまとまりやすい髪の毛になりますよ。

 

私は2か月ほど愛用していますが、髪の毛染まくって、パーマしまくって、ブリーチもして髪の毛をいじめまくってきてたせいか、ライオンヘアーになっていた私の髪の毛も最近ではかなり落ち着いてきました。まだツルツルとまではいきませんが、かなり良くなったのが自分でもわかります。

 

顔のためには枕カバーを毎日変えられない人はタオルをしくのをオススメしますが、髪の毛にはダメージになります。枕カバーを毎日変えれない人でタオルにするほうがいいのは、やはりほこりや汚れなど顔についてしまって、肌荒れの原因となってしまうからです。肌荒れもしたくないし、枕カバーも毎日変えるのは少し面倒だし、だからといって髪の毛にダメージも与えたくないという人は、私のようにナイトキャップデビューしてみるのもいいかもしれないですね!

 

ナイトキャップにもいろいろな種類がありますが、1番いいのは少しお値段が高いけど「シルク素材」がオススメです。シルクには髪の毛にいいたんぱく質なども含まれていて、かぶっているだけで美髪になれると言われるものです。まずは1つ買って使ってみてはいかがでしょうか?

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください