余った乳液、使わない乳液。どうか使う方法がない?乳液活用法を伝授!

化粧水とセットで買ったけど乳液だけ残ってしまう…。いつのかわからない古い乳液が残ってしまっている…。なんて人、たくさんいるのではないかと思います。今回は、そんな古い乳液の活用方法を伝授します!

 

  • メイク落としとして乳液を使う

  • 鏡の掃除や服についたメイクアップを乳液を使って落とす

  • 乳液をスクラブに変身

  • カスカスになったマスカラを乳液を使って復活させる

  • 入浴剤のかわりに乳液を入れてミルク風呂に

の5つの方法を紹介します。

 

Sponsered Link




  • メイク落としとして乳液を使う

クレンジングはメイクをしっかり落とすため、少なからず肌に刺激の強い成分が配合されています。超敏感な肌の人や肌に負担をかけたくない人にオススメなのが、「乳液でのクレンジング」です。

油分も配合されている乳液は、メイクアップを肌に負担をかけずに落とすことが出来ます。

 

使用方法

たっぷり乳液をとって顔全体にメイクアップを溶かして浮かすようにして、メイクを落とします。その後、コットン(水を含ませて軽くしぼったものだとより良い)で拭き取ります。

 

  • 鏡の掃除や服についたメイクアップを乳液を使って落とす

最初の原理と同じで、油分で鏡や洋服について落ちにくくなったファンデーションなどの化粧品を落とすことが出来ます。

 

鏡の掃除

コットンやティッシュに乳液をつけ、綺麗にふき取って最後にティッシュで残った油分感をふき取ります。

 

服についたメイクアップ商品を落とす

ファンデーションなどがついてしまった場所に乳液をたっぷり塗り、軽くもむようにしながらぬるま湯ですすいで落とします。

 

  • 乳液をスクラブに変身

ピーリングやスクラブをしたいけど肌に負担がかかるからと心配な人も多いかと思います。この方法だと刺激が少なく、安心して使用出来ます。超敏感肌の場合は、乳液を顔全体や気になる部分に塗り、蒸しタオルを3分程度のせたあと、コットンで拭き取るといいですよ!

 

作り方と使用方法

乳液と砂糖を1:1くらいの比率で混ぜてスクラブを作ります。気になる場所にそのまま使っても良し、蒸しタオルで角質をふやかして使うとより良し!軽くこするようにスクラブを使い、最後にしっかりすすぎます。

 

  • カスカスになったマスカラを乳液を使って復活させる

最後まで使い切る前にマスカラがカスカスに乾燥してしまい、使えなくなったことってありませんか?そんな時は、乳液をマスカラ容器の中に2滴ほど入れてブラシでよくかき混ぜると、マスカラの中身が溶けて滑りが良くなり、ダマになるのを防いだり、最後まできれいに使い切ることが出来ます。ただし入れすぎに注意をすること、出来る限り早めに使い切ることをオススメします。

 

  • 入浴剤のかわりに乳液を入れてミルク風呂に

古い乳液がい~っぱい残ってるよという人にオススメなのが、入浴剤のかわりに乳液を使う方法です。保湿効果や美肌成分がお湯で温められてしっかりお肌に浸透してくれるので、お風呂上りのお肌がしっとりしたお肌になります。

 

お風呂に入れるのに抵抗感がある場合やそこまで多くは残っていない場合は、洗面器一杯に乳液を3プッシュ程度入れて足湯やかけ湯として活用するといいですよ!

 

 

古くなった乳液の使い方はこれ以外にもあるかと思いますが、是非今家に残っている古い乳液がある場合は試してみるのはいかがですか?私はクレンジングの買い忘れで足りなくなった時やメイクを失敗した時には乳液で落としています。しっかり落としたつもりでもよく見ると目元などに化粧が残っていた場合にも活用していますが、その時は肌に残るので、古くない今使用中の乳液を使うようにしています。

 

鏡の掃除もすごいピカピカになるのでオススメです!是非今ある乳液で試してみてくださいね!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




 
 
フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

 よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください