【6月のスキンケア】 梅雨の季節!6月のスキンケアはどうすればいい?

どんな季節でもスキンケアやエイジングケアの基本は、常に清潔、保湿、紫外線対策です。これは、年代に係ありません。

 

夏へと向かう6月。気温は5月より上がり、紫外線も強くなります。一方、梅雨のために曇り空、雨空が多くなって、紫外線の全体の量は5月より少ない場合もあります。 ジメジメして気温も高くて、皮脂の分泌が増え、毛穴の汚れや詰まりなども気になる季節ですよね。

この記事では、そんな6月にふさわしいスキンケアやエイジングケアをご紹介したいと思います。

 

Sponsered Link




 

6月の気温湿

6月は乾燥のリスクは小さい月である一方、5月よりも気温が高く、汗や皮脂分泌がますます増える月であるとも言えます。

また、梅雨によって湿度の高さで部屋や外がジメジメすることでお肌も汗や皮脂で汚れがち。だから、お肌を清潔に保つことがとても大切なのです。

 

6月のスキンケア

6月は、高温多湿で汗をかきやすい季節。梅雨に入ればなおさらで、細菌やカビなどが繁殖しやすくなって、お肌の表面にも付着するリスクが高くなります。また、温度、湿度とも高いと、寝ている間も皮脂がたくさん分泌されます。そして、 毛穴の黒ずみや詰まりも気になる季節。洗顔を怠って古い皮脂が毛穴に詰まると、毛穴が黒ずんだり、ひどい場合は角栓ができていちご鼻になることも。大人ニキビを招いてしまうこともあります。

 

6月のスキンケアの基本は、洗顔とクレンジング、そのあとの保湿です。強い紫外線で特にメイクが酸化しやすいので、メイクが濃いとお肌も酸化しやすくなってしまいます。しっかりメイクを落としながらも肌に優しいクレンジング・洗顔を選ぶようにしましょう。

梅雨時の6月は、洗顔で肌に付着している皮脂や汚れをしっかり落とす必要が長時間の洗顔、刺激の強い洗顔料はNGです。6月は梅雨の季節でベタつきなども気になりますが、必要な皮脂まで取り除くと乾燥肌やインナードライ肌になってしまいます。必要な皮脂まで取らないように注意しましょう。

 

6月の紫外線の

6月はどの地域でも日中は夏と同じレベルのため、しっかりとした紫外線対策が必要です。梅雨の時期で、曇りや雨の日も多く、総紫外線量(=紫外線の強さ × 日照時間)としては、5月より小さいことも多いですが、6月は夏至を迎えるために、紫外線自体も最も強い月です。そのため、決して油断しないように紫外線対策は抜かりなく行うようにしましょう。

 

外出時は、日焼け止め、長袖の衣類などで紫外線対策を行うことが大切です。

特に、紫外線A波(UVAは、生活紫外線とも言われるサンタン(黒っぽい日焼け)の原因です。これは、真皮層まで届く紫外線で、線維芽細胞やコラーゲン、エラスチンに徐々にダメージを与え、お肌のハリを奪って、深いしわやほうれい線の原因になります。

また、シミもUVAが主な原因です。UVAは、雲の日でも降り注ぎ、ガラス窓も透過してしまうので、とても厄介です。

すぐに悪影響がでるわけではないので、油断しがちですが、日々のダメージが蓄積して気づいた時には、もう手遅れということもあるのです。紫外線ダメージ、特にUVAのダメージは、一旦、浴びてしまうとそれを無かったことにはできません。なぜなら、真皮が生まれ変わるのには、3~5年かかるからです。

とはいっても、強い日焼け止めを使う必要は無く、SPF20~30、PA+~PA++くらいで十分です。

ただし、汗をかく日などは、こまめに塗り直しましょう。

 

6月のエイジングケア

誰もがそうですが、毎年、6月を迎える時には、昨年の6月よりは1つ年齢を重ねています。

だから、去年の肌とは少し異なっているのです。だからこそ、来年の6月も少なくとも同じ若さのお肌、エイジレスなお肌に保つためには、何をすればよいかを意識することも大切なのです。

 

6月はエイジングケアをするのに適した季節ではありながらも、6月は紫外線ダメージによる肌老化を防ぐことが大切になってきます。紫外線は老化の原因の80%と言われているので、紫外線が強い6月なので紫外線対策をしっかりしてお肌をガードしてあげましょう!

そしてべたつきから肌が乾燥してないとスキンケアをサボり始める時期ですよね。しっかり落とすことでお肌は乾燥しやすいし、エアコンなどでお肌の中は乾燥していることも!サボらずしっかり保湿ケアしてあげることが大切です。

 

月のケアのまとめ

  • スキンケアの基本は、潔、保湿
  • 皮脂の分泌がえるので、皮脂ケアや毛穴ケアを始める
  • 紫外線がいので、本格的な紫外線策を始める
  • 紫外線予防と同時に、美白ケアでシミ予防をする

 

6月は、基本的にはお肌の潤いが増す季節です。だからといって、スキンケアの要である保湿に手を抜いてはいけません。1年の中でもジメジメしていて乾燥知らずの季節ではありますが、気温の急上昇と紫外線がとても強い季節。しっかり紫外線予防を心がけて、ゆらぎやすいお肌をしっかり守ってあげましょう!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください