意外と知らない「白湯」と「お湯」の違い

「白湯」が美容にいいと聞いたことがあるけれど、意外と「白湯って一体何?」「でも今更恥ずかしくて聞けない…。」なんて人もいるのではないでしょうか?白湯の正しい作り方を説明する前に「白湯」と「お湯」の違いをきちんと理解しましょう!

 

「白湯」と「お湯」の違いは?

お湯とはただの「熱い水」のことを指す一方、白湯はやかんの蓋をとってブクブク沸かすことで、水・熱に「空気を入れ込む」という要素が加わり、この空気によって体にため込んでいた消化出来ていないものを綺麗に洗い流してくれると言われています。

普通のお湯でも多少は流してくれますが、正しい作り方で作った白湯であれば効果もより高く、美容効果も高めてくれますよ!

 

Sponsered Link




 

「白湯」の摂取目安

一日の摂取量の目安は、700ml~800mlと言われています。たくさん飲みすぎてしまうと体のバランスが崩れたり、消化不良を起こすなど、かえって不調になる可能性があるので注意しましょう!

飲み方としては、コップ1杯を少しずつ分けて飲むのが基本。食事やおやつタイム、朝起きてからなど少しずつ飲む習慣をつけることが大切です。

 

「白湯」の正しい作り方

水は出来るだけ浄水器を通した水や市販のミネラルウォーターなど、綺麗なものを選ぶことをおすすめします。

 

  1. 水をやかんに移し、蓋をして沸かします。
  2. 沸騰してきたら蓋を外し、10分程度を目安にさらに沸かします。
  3. 保温ポットなどに入れていつでも持ち歩けるようにして、少しずつ飲むとGOOD!

 

あまり勢いよく沸かしすぎると水の量が減ってしまうので、様子をみながら少しずつ火加減を調整することをおすすめします。お湯の表面が少し揺れるくらいの状態をキープさせるように火にかけるくらいで大丈夫です。

 

白湯の適度な温度は50~60度くらいですが、一番効果がある飲み頃は「自分がちょうどいいと思う温度」です。毎日白湯を作って、「おいしい」と感じられる感覚を頼りにベスト温度を見つけていきましょう!

 

特に朝起きてから白湯を飲むと効果的だと言われています。朝は忙しくて時間がない!余裕がない!という人も多いかと思います。私も実際ギリギリまで寝て、バタバタで支度してしまうのですが、余裕のある女性になりたいものですね。

 

みなさん、「白湯生活」是非一緒に始めませんか?

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください