初級韓国語 挨拶編 アンニョンハセヨの意味とは?

韓国語で「こんにちは」は안녕하십니까?、または안녕하세요?と言います。

訳としてはどちらも「こんにちは」となりますが一日中使える挨拶です。まず「アンニョンハシムニカ」を単語ごとに分解してみましょう。 はじめの「アンニョン」は「安寧」という漢字の韓国読みです。「ハ」は「~する」という動詞「ハダ」の語幹です。が、安寧する、というのも変な日本語になってしまうのでここでは「安寧である」と訳しましょう。

 

次に行きましょう。 「シ」は尊敬を表す単語です。日本語の「られ」にあたる言葉です。この場合は「安寧である」+「尊敬語」なので「安寧でいらっしゃる」とでも訳しておきましょう。こういう特殊な形ではわかりにくいのでもっと一般的な単語「来る」を使って説明しましょう。日本語で「られる」を使った尊敬表現にすると「来られる」になりますね。これと同様に韓国語でも「来る」という単語、오다の語幹オに「られ」にあたる 시をつけ、最後に「る」と同じような感覚で다と順番にくっつけて오시다と言えば良いのです。

 

なので、朝晩関係なしに使える単語となるため、日本のように朝昼晩の時刻が関係なく全て「안녕하십니까?」「안녕하세요?」となりますし、「安寧でいらっしゃいますか?」という疑問形なので、挨拶なのに?で終わります。

 

 

韓国で「安寧」を使うのは出会った時だけではありません。別れるときや寝るときも使います。

「さようなら」は「安寧にいらっしゃいますように」「安寧にお帰りください」と、2通りの言い方があります。「おやすみなさい」は「安寧におやすみください」、「おはようございます」は「安寧におやすみになりましたか」と、韓国人の一日は安寧に始まり安寧に終わるようです。

 

さて、他の外国語を勉強された方なら韓国語の「さようなら」の特殊性に気づかれたことでしょう。韓国語では「また会いましょう」にあたる表現があり、또 만나요といいますが、日本語で「また会いましょう」と言うのと同じで、単なる「さようなら」とは少しニュアンスが違います。

では、これらの「安寧」な表現を韓国語に直してみましょう。「安寧」を日本語でいうところの形容動詞のように「安寧に」という形で使うときは語尾に「히」をつけて「안녕히」と言います。実際にはハ行の音が弱まって「アンニョンイ」と聞こえるかもしれません。「いらっしゃる」は「계시다」です。これは日本語と同じように、「先生がいらっしゃる」という場合にも使えるし、「~していらっしゃる」という形でも使えます。 それを、~세요形にすると、「さようなら」は韓国語では「안녕히 계세요」となります。ちなみに「안녕히 가세요」という言葉も聞いたことがあると思います。

  • 안녕히 가세요 その場に残る人が去る人に対して言うさようなら
  • 안녕히 계세요 去る人が残る人に対して言うさようなら

の2種類があります。この2つは正直私も最初かなりこんがらがったものです。

 

そこでの覚え方が「アンニョン 行かせよ~」です。「行かせる」は行くではなく無理に行かせるという日本語ですよね。もちろん行かせるわけではないですが、相手を行かせるため「가세요」の方を使うという風に覚えました。なんとなく私の覚え方伝わっていますか?笑

 

アンニョンアンニョンいっぱいあってわからない!という人も多いかと思いますが、しっかり訳してみると全部意味が違うのがわかりますよね。せっかく覚える韓国語なので、挨拶も丸暗記ではなく意味までしっかり覚えたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください