韓国語で「あけましておめでとう」は?

2018年あけましておめでとうございます。

 

2017年の最後の記事では韓国の旧正月について紹介をさせていただきました。そう、韓国は旧暦で正月を祝うため、1月1日は特にみんなそんなに騒ぐこともなく、という感じです。ただ最近の若い人や日本にいる韓国人は、新暦の1月1日の方にも挨拶をする人が増えてきています。

 

ただ日本と違うな、というところは、日本では1月1日に「去年は〇〇だったよね、今年もよろしく」という感じで挨拶をするかと思いますが、韓国では12月31日や年末に「今年は〇〇だったよね、来年もよろしく」と先に挨拶することがすごく多いです。もちろん1月1日に挨拶をする人もいますが、ほとんどが先に挨拶をするような気がします。

 

新年のあいさつ、「あけましておめでとうございます」の韓国語は「새해 복 많이 받으세요」と言い、「新年、福をたくさんもらってください」という風に挨拶をします。ただこれも「良いお年を」という感覚でも12月31日に先に言うことも。

 

近くて遠い、そして似ているようで違う、やはりこういうのを見て感じると何年もかかわりあったし、何年も住んでみましたが、やはり「違う国」なんだなと感じます。

 

Sponsered Link




 

ちなみに日本で1月1日と言えば「初売り」や「福袋」ですよね。韓国では日本のように正月にどこかへ行ってもバーゲンのようなものはほとんどないですし、ましてや福袋なんてものも見かけないです。ですが実は韓国にも「福袋」というものがあります。一体それはどういうものなのでしょうか?

こんな感じのものです。

この「福袋」は、小物や小銭などを入れて袋の入口をキュッっと縛り、腰に巻いたりひっかけたりするものとして使われ、この福袋は 길상(吉祥)の意味を持つ漢字である 수(壽), 복(福), 부(富), 귀(貴) などの文字を柄のように入れて作られた袋です。

 

同じ単語でありながらもまったく意味が違っていてびっくりしますよね。でも私はやっぱり日本式の福袋の方がドキドキワクワクがあって楽しいので好きです!といいつつ、福袋を買ったことがない人です!笑

 

今年はレイクタウンで初めて福袋を販売しましたが、朝からすっごい人数の人たちが並んでいて、開店と同時に走る姿を見て、「福袋に対する思いがすごいな」と感心しながら、すぐに福袋を買いに来るお客様方の対応にあたふたしていました。

 

みなさんは年末年始どのようにお過ごしでしたか?私はすごく忙しく過ごさせてもらい、ブログも書く暇も確認する暇さえもありませんでしたが、今年は「忙しい年」になりそうだなと年始早々感じました。

 

今年は韓国に行く回数を増やし、韓国の現地に関することもお伝えできればいいなと感じています。まだ落ち着くまで韓国には行けず、化粧品や韓国語講座・韓国の風習などに関する内容ばかりで、韓国現地に関することはなかなか書けないと思いますが、たくさんの「韓国情報」を今年もお伝えしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。リクエストもたくさん受け付けています!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください