モテる美しい手になれるケアの方法とは?

10代のころ気になっていた憧れの先輩と手を初めてつないだ時。気になる彼の手が、ふとした瞬間に触れた時。つらい時にそっと重ねられた友達の手…。「手」は人生のさまざまな場面でさまざまなコミュニケーションをとれる一つの手段となり、相手と意思疎通をはかります。言葉で自分の気持ちを表現をすることは最も簡単でわかりやすいコミュニケーションですが、実はもっと感覚的に言葉以上に細かいニュアンスを伝えることが出来るコミュニケーション方が「手」を通じたコミュニケーション方法です。触れたときの手の温度、食感などで同じシチュエーションであっても受け取り方に大きな差を与えます。

 

あと余談ですが、皮膚と皮膚が触れ合うことは、アドレナリンの分泌を抑えてリラックスさせ、安心感を与える効果があります。韓国では「엄마 손은 약손(お母さんの手は薬の手)」という言葉があります。それは、痛いところをお母さんが手でなでてくれると自然と治ると言われています。

 

そんな異性の心により深い印象を与える「手」、つまり「モテる手」とはどういう手なのでしょう。どうやったら「モテる手」になって、移駐の異性と最高のコミュニケーションをとれるのか、今回は「手」について紹介していこうと思います。

 

では、まず「思わず触りたくなる手」ってどういう手でしょうか?

自分の手を「パー」の形にして心臓の高さに腕を上げてよく見てみましょう!「思わず触りたくなる手」をしていますか?「モテる手」の条件は「触りたくなる」ということが1番重要です。メイクやファッションの流行りが変わっても「手の美しい女性」が魅力的であることは変わらないですよね。

 

手の血色はどうでしょうか?どす黒い色や赤身が強かったり黄みが強かったり、色むらがあったりなどする手は血行が悪い証拠です。「モテる手」は透明感のある肌であること。肌の透明感は乾燥していないか、どんな血色をしているかで決まってきます。触れた時にひやっとする冷たい手ではなく、ほんのり温かみを帯びた手の方が好感度が高くなると言われています。寒い時にすごく冷えた彼女の手というのも可愛いとは思いますが、手が冷たいよりもほんのり温かみがある方が印象はいいですよね。

 

Sponsered Link




 

「モテる手」を作るには?

1つめのケアは「体の中から(インナーケア)」です。どんなものを食べているか、どんな水を飲んでいるかということ。手だけではなく、私たちの体は口に入れたものから栄養をとります。野菜にはビタミンはミネラル、食物繊維が豊富に含まれるだけではなく、野菜だけが持つ「ファイトケミカル」というアンチエイジングに非常に有効な栄養素が含まれています。ファイトケミカルは、私たちの健康に直結する栄養素で、不足すると老化や免疫力の低下が起こります。

「毎日野菜を食べよう」と小さいことからよく言われるフレーズかと思いますが、大人になると外食も増えたり忙しかったりしてなかなか野菜を食べる習慣がなくなってきます。出来るだけ自炊を心がけることももちろんですが、サプリメントなどの栄養補助食品や野菜ジュースなどを利用して、不足しがちな栄養素を補ってあげるのもいいですよね!

 

血色の良い手をつくるには、野菜だけでなく「たっぷり水分を摂取することも」も大切です。水分不足になると血管を流れる血液がドロドロになり、血流が悪くなります。心臓から遠く離れた手の指先やつま先などは血流不全を起こし、「冷え性」になりやすい場所です。これから寒くなって水分をあまりとらなくなりがちですが、しっかり水分をとるように心がけましょうね!

 

さらに糖分や炭水化物が多い人は血行不良になりやすいと言われています。糖質には水分をとらえる性質があり血の中にはいった糖分は水分を吸着してドロドロの血液を作ります。甘いものを食べた後にむくみやすくなるのは、糖分を過剰摂取すると血管内が水分不足になってしまうからなのです。

 

モテる手を作る2つ目のケアは「アウターケア(外からのケア)」

インナーケアをしっかり行うことでモテる手を8割作ったと言っても過言ではないですが、アウターケアもとっても大切で、顔や体幹と違って手は、食器を洗ったり手を洗ったりなど体の中で1番ダメージを受けやすい場所です。インナーケアで作り上げた手の皮膚の潤いはどうしても失われやすくなってしまうので、しっかりハンドクリームなどでケアをしてあげましょうね!

 

なかなか日常的にハンドクリームが塗られない人や乾燥がひどい人は、たっぷりハンドクリームを塗って綿素材の手袋などをして寝て集中ケアをしてあげましょう!寝る前は副交感神経が働いてリラックスし、毛細血管が拡張して血行が良くなっている時間で、この時間にしっかりケアをするとしっかりお肌に伝えることが出来ますよ!

 

インナーケアとアウターケア、この両方をしっかり行って「モテる手」に近づきましょう!ちなみに「モテる手」を維持することで手の老化も抑えることが出来るので、若いうちからしっかりケアしてあげましょうね!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください