なかなか良くならない手荒れの原因と予防方法

手荒れが治らなくて悩んでいる人って、温かくなってきている春であってもまだまだ多くいるのではないかと思います。手の甲や指先、指の付け根などの荒れなど、人によって違うと思いますが、ハンドケアもしないとなかなか悩める部分ですよね。

 

特に秋冬ががさついて白く粉がふいたり、切れて血がにじんだり…。まだまだ乾燥するので、冬よりは少しマシになったかなと感じると思いますが、早く良くしたい!と思っている人必見です。

 

Sponsered Link




 

手荒れの原因として、まず思い浮かぶのは「乾燥」ですよね。

肌の水分が失われて、皮脂の分泌が減りバリア機能が低下すると荒れ始めます。もともと手は皮脂腺が少なく、手のひらには全くありません。

なので水仕事や手を良く使う…と日常的にも乾燥の原因になりますし、手はボディーと違って衣服に包まれていないですし、一日中良く使うパーツなので荒れやすい部分の1か所です。

 

手の荒れが重症化すると痛みや水膨れから指が曲げにくくなってしまうことも。手荒れの最大の原因は、「乾燥」なので、出来るだけ乾燥しないように努力しましょう!

 

  • こまめな保湿ケアで乾燥から肌を守る
  • なるべく外部刺激にさらされる機会を減らす
  • 寒い季節の外出時は手袋を着用する
  • ハンドクリームをたっぷり塗って、ビニール手袋して寝る
  • ハンドパックをする

など、「保湿」を与え、「乾燥しない」ようにしましょう!

 

そして、何気にしている皿洗い。実は食器洗いの洗剤は手荒れの原因の一つ!

油汚れを落とすための洗浄成分が皮膚の油分までを奪ってしまうことも。

またスッキリ洗うためや乾きを早くするためにお湯を使う人も多いと思いますが、油汚れが落ちやすいということは手の油までも失われているということなのです。

毎日のことなので、肌に優しい天然由来成分で着色料や香料などが無添加のものを選ぶように心がけましょう。またはゴム手袋を使うなど、洗剤やお湯から手を守るのも1つの手ですよね。

 

乾燥する季節だけでなく、乾燥する前の季節から保湿することも重要です。手荒れがひどい人は、会乾燥する秋冬だけでなく一年中保湿することを習慣づけましょう!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください