髪の頭皮の悩みをどうにかしたい!Q&A方式で伝授します!パート2

日差しを浴びて加速する髪のケアのパサつきや頭皮トラブル。正しいケアで湿気やダメージに負けない美髪を手に入れましょう!

まず、髪のケアの悩みで一番多いのが「パサつき」「乾燥」で、そのほかにも「髪が広がる」「まとまりにくい」「ダメージ」「枝毛・切れ毛」「ツヤがない」「ハリ・コシがない」などが気になるという人が多くいます。

今日は第二弾をご紹介!もっとしりたい人は下のリンクからどうぞ!

参考:髪の頭皮の悩みをどうにかしたい!Q&A方式で伝授します!パート1

Sponsered Link




 

Q.髪や日焼けするとどんなダメージが起こる?

A.髪の毛のメラニンが破壊され、髪の色があせます。さらに弾性も低下するので髪の組織の結合が切れ、枝毛や切れ毛につながりますし、頭皮の皮脂が酸化するためニオイやかゆみも出やすくなります。

 

Q.ヘアケア以外の対策ってある?

A.日傘をさしたり通気性のいい帽子をかぶったりするのも、髪の毛のダメージを防いでくれるためヘアケアと言えると思います。肌のダメージを防ぐサプリメントには頭皮にもいい効果があるので、日焼けをした時にはビタミン類などをしっかり採りましょう!

 

Q.日焼け予防におすすめの商品は?

A.絶対に素の髪の毛では外出しないこと!髪の毛用の日焼け止めやスプレー式の日焼け止めを髪の毛につけ、日焼けを予防することで髪の毛の水分量が一定に保たれ、パサつき予防にもなります。

 

Q.日焼けによる髪のダメージにいいケアは?

A.日焼けをしてしまったらシャンプー前の乾いた状態でオイルをたっぷり塗ってオイルパックをしてあげましょう!そのまま30分~1時間くらい放置し、芯まで潤わせてからシャンプーをしてあげるとかなり回復します。日焼けしていない時にも週に2回程度してあげるといいですよ!

 

Q.広がりはいやだけどべたつくのは嫌!

A.オイルはべたつくと思い込んでいると思いますが、保湿をしつつ表面はさらりと整えてくれるものが増えています。タオルドライ後、ドライヤー前に軽やかなオイルを使えば髪の内側まで潤いが留められ、広がりやパサつき予防にもなります。

 

Q.髪に艶やまとまりを出す方法は?

A.ドライヤーをかけたら最後に頭のてっぺんから下に冷風をかけてあげるとキューティクルを閉じてツヤとまとまりが生まれます。ドライヤーを持っていない手で髪を上から下に軽く撫でおろしながらするとよりまとまりやすくなります!

 

Q.まとまらない髪になってしまう癖や習慣とは?

A.おおざっぱなブラッシングやゴシゴシ洗い、コテやドライヤーの当てすぎを注意しましょう。とかす時にはいきなり後頭部からとかさず、髪のケアの中央を片手でおさえて毛先からそっとほぐして中央・後頭部をとかすとからまないだけでなくダメージ予防やまとまりやすくなります。

 

Q.しっかり保湿しているのに広がるのはどうすればいい?

A.日々の汚れはシャンプーで落ちますが、オイルなどが髪の毛の表面に付着し続けるとゴワゴワになってきます。髪が重くなりカールも弱くなるので週1回の炭酸ものやクレイパック・ヘッドスパなどでしっかりリセットしてあげることで、トリートメントの入りがいい素直な髪の毛になります!

 

肌がどれだけきれいでも髪の毛がぼさぼさだったり、ダメージがひどいと清潔感がないようにみえてしまいます。乾燥しやすい時期になりダメージが起きやすくなるこれからの季節からしっかり髪の毛もケアしてあげましょうね!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください