韓国女子のファッションのこだわりとは?

近い国と言われている韓国は、顔や外見は似ていてもメイクアップだけでなくファッションセンスも日本人とは大きく違っているように思います。

そんな韓国のファッションのこだわりを今回は紹介していこうと思います。

 

学生はスポーツメーカーを着る人が多い

中学生や高校生に大人気なのは「アディダス」です。どこの街を歩いても、 アディダスのジャージを着た学生が多くいるような気がします。しかもほとんどは黒に白いラインの入ったアディダスジャージ。黒にピンクのラインだったり、紺色のアディダスジャージだと珍しいため、「それ、どこで買った?」と質問攻めに合うことは間違いありません。

そして冬になると上着はアディダスから「ノースフェイス」のダウンジャケットが人気に 。ノースフェイスのダウンジャケットは高級なため、海外から取り寄せたり、金額的に購入が難しい人は偽物を買ってきたりする学生も多いようです。

 

若い子は大人な雰囲気のある少し大人ファッション

20代の若い子は背が高く見えたり細く見えるファッションを好みます。大人っぽい雰囲気の少しセクシーなファッションが大人気で、高いピンヒールだったり、インソールがはいったスニーカーに、ぴったりとしたスキニーやトップスを着るすっきりしたスタイルが人気です。

デパートなどで売っているブランド物のファッションよりもネットなどで売っているお手ごろなノンブランドの洋服が人気です。そういうお手ごろ価格のファッションアイテムをたくさんそろえ、流行が終われば処分し、新しいものをまた買うといった感じです。最近の韓国では日本のように、ブランド物のアイテムを長く長く使おうという考え方は少なく、ワンシーズン着て飽きたら終わりという傾向があります。

 

Sponsered Link




リュックサックの人気がとまらない

小さい子から大人までリュックスタイルは基本 。学生は布製のリュック、若い女性は革製のリュック、子供連れのママもおむつやウェットティッシュが入ったリュック。

男性女性関係なく大きめのしっかりしたリュックサックをからっている人が多く見られます。

ピタッっと体のラインが出る服が好き

日本では長年、チュニックなどの体形が隠れる様なファッションが人気となっていますが、逆に韓国ではダボっとしたスタイルは、田舎っぽい、妊婦っぽいと思われるようです。より細く見せる、背が高いように見せる、そんなファッションが人気で、カラーもナチュラル系な色を好む日本人ファッションに比べ、モノトーンカラーや茶色などシックなカラーを好む人が多いです。そしてポイントで強めのカラーを入れて引き立たせる人が多くいるような気がします。

 

町中が流行スタイルだらけになる

日本だとファッションに個性があり、奇抜なファッションを楽しむ人も多いですが、韓国では人と違ったことをしようとする傾向があまりありません。例えば、韓国で上が白のシャツで舌が黒のスキニーが流行した時には、町中がそのスタイルになってどこを見ても同じようなファッションの人しかいないことも。日本では周りと同じファッションを嫌う人も多いので、人気ファッションを追い求める人の中にも、自分の好みのファッションをする人も多い中、韓国では流行すればみんなでそれを追い求め、全く同じファッションをした人たち町中に溢れかえります。

 

いかがでしたか?

もちろん韓国でも個性的なファッションを楽しんだり、日本人スタイルで着る人もいます。町に買い物に行くと洋服屋さんで同じようなスタイルがたくさん並んでいるため、ショッピングに出ると韓国の流行がすぐにわかるのではないかと思います。洋服なども安いお店も多いので、いろんなお店を回って是非お気に入りのお洋服をゲットしてみては?

 
気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

“韓国女子のファッションのこだわりとは?” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください