韓国人のオルチャンの髪型の特徴とは?

「オルチャン」という言葉は韓国からきていて、韓国語の「オルグル(顔)」と「チャン(最高)」という言葉を合体させて出来た言葉です。これは男性女性関係なく、顔の良い人をオルチャンと言います。2003年ごろから使われ始め、日本でもSNSなどで若者達が広めて、今や知らない若者はいないのではなないかと思うくらい浸透している単語ですよね。

 

そんなオルチャンのメイク方法は韓国人女性のメイクで紹介しましたし、韓国人女性のファッションの特徴で服装などは紹介しているため、今回は髪型に関してご紹介していこうと思います。

 

オルチャンの髪型には特徴があります。メイクやファッションでなかなか韓国人風になれない人は、髪型一つでずいぶん韓国らしさを表現出来るので参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

 

髪色はダークカラー

髪の色が地毛風のカラーが定番ですが、光に当たると少し茶色に見えるカラーから真っ黒の人が多いです。黒をより引き立てるために真っ黒に染める人もいるくらいです。もちろんカラー感の強い色も人気がありますが、オルチャン=ダークカラーのイメージがすごく強いです。

 

前髪は短めぱっつん

ぱっつん前髪は目を大きくみせる効果があり、幼く見える効果もあります。オルチャンは若い子または若く見える子の雰囲気があり、ただ幼く見えるだけでなく大人の中に少しかわいらしいイメージを出すぱっつん前髪が人気です。

日本では前髪の量が多めの重ためぱっつんをイメージするかと思いますが、韓国では眉毛よりも少し上の額が薄くみえるような「シースルーおんまゆ(オンザ眉毛)」が定着しています。

 

Sponsered Link




センター分けのロングヘア

クールで大人な印象を与えるオルチャンは、基本長い前髪を5対5で分けるセンター分けの子が多いです。額からあごまで見えるため顔が細長く見えてすっきりした顔立ちになります。

綺麗な5対5の人もいますが、少し崩れた感じが抜け感としてナチュラルな雰囲気になるため6対4程度で分けるオルチャンも多いようです。

 

サラサラのロングヘア

オルチャンヘアーと言えばサラサラな髪の毛!カラーリングやパーマはあまりせず、お肌同様しっかり髪のケアもして美しいロングヘアーを保つようにします。ストレートの髪も多いですが、ゆるめのウェーブの子も多くいます。

 

 

韓国アイドルを見ても韓国はロングヘアの子が多いですよね。短髪はグループに1人いるイメージかなと思います。町を歩いていても比率はそれくらいで、髪の毛の長い女性が多くいます。オルチャンの仲間入りしたい子はまず髪の毛をのばし、ダークカラーにするだけでも近づけるかも?

 
気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください