崩れないメイク!スキンケアで悩みを根本からケア(乾燥崩れ)

せっかくお出かけの前にバッチリ仕上げたのに、気づいたら「あれ?なんでもうテカってるの!」「やだ~パンダ目になってる!」なんてことありますよね。今回は、崩れにくいお肌の土台を作るスキンケアについてご紹介したいと思います。

 

化粧崩れは、「皮脂」と「乾燥」からくることが多いのですが、今回は「乾燥」が気になる人のケア方法をQ&A方式で書いていこうと思います。

 

乾燥崩れは自分では気づいてないことが多いのですが、販売をしているとこういう方が多くいます。まず、当てはまっていないかチェックしてみてください。

  1. 時間がたつとパウダーが浮いているように見える
  2. 目元のしわにファンデが埋まっている
  3. 時間がたつとほうれい線が目立ってしまう
  4. 夕方になるとくすんでみえる
  5. 艶感がなくお肌がパサついて粉っぽく見える

 

1つでも当てはまっていると、それが「乾燥からくす化粧崩れ」になります。そんな乾燥崩れに関して書いてみるので、是非参考にしてみてください。

 

Sponsered Link




Q.水分を補うべき?油分を補うべき?

A.乾燥肌の場合油分を与えがちだけど、水分も必要です。水分をしっかり与えた後に肌の内側の潤いを保つために油分をバランスよく与えるのが大切です。

 

Q.目元の乾燥対策ってどうすればいい?

A.夜はしっかりアイクリームでケアをし、朝は潤いを与えながら表面はサラッっとするタイプがおすすめ。もし油分感のあるアイクリームでケアする場合は、油分をティッシュで軽くオフして、軽くパウダーで仕上げましょう!

 

Q.お風呂から上がって暑くて汗をかいちゃうけどスキンケアしても落ちてない?

A.まずは汗をひかせてからスキンケアをすることをオススメします。一度肌にスキンケアが浸透したら、汗が出たからと言って流れ出ることはなそうです。もしスキンケアが終わったり日中に汗をかいたら、放っておくと余計に乾燥するので、汗をかいたら拭くようにしましょう!

 

Q.乾燥するから朝は水洗顔だけでも大丈夫?

A.前夜にたっぷり塗ったクリームが寝ている間に汗や皮脂とともに酸化してしまうので、洗顔料を使ってきちんと落とすことをおすすめします。

 

Q.朝と夜のスキンケアはどちらが大切?

A.崩れにくさだけなら乾燥や外的ダメージから守るには朝が重要ですが、肌の修正・再生を促すのは夜の寝ている間になるので、乾燥する肌をケアする夜の方が大切かと思います。

 

Q.ランチを過ぎたあたりからカサカサになるけどどうすればいい?

A.コットンに乳液をたっぷり含ませてフリーザー袋などに入れて持ち歩くと、乾燥が気になる部分にさっと馴染ませてメイクを軽く落として化粧直ししましょう!乾燥した部分を隠そうとメイクアップを重ねると余計乾燥が目立ってしまったり、メイクよれしてしまいます。乳液で軽いメイクアップが落とせるので、一度落として保湿してあげたほうが綺麗に仕上がります。

 

上のクエスチョンで気になった項目はありましたか?是非気になった部分があったらアンサーを見て、試してみてくださいね!お肌のカサカサと化粧崩れにさようならしましょう!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください