痩せる体質になる?寝る前ヨーグルトのダイエット習慣

同じものを食べて同じような生活をしていても、痩せやすかったり太りやすかったりしませんか?そんな太りやすさの違いの原因の一つには、腸内細菌が大きく関係していると言われています。 今回は、「寝る前にヨーグルトを食べる」だけで痩せやすい体質になるというシンプルなオススメ習慣をご紹介します。

 

痩せる体質になる?寝る前ヨーグルトのダイエット習慣

腸内に悪玉菌が多いと有害物質が増えて血液がドロドロになり、ドロドロ血液は細胞の中に入れないため内蔵脂肪や皮下脂肪として蓄えられてしまうと言われています。 逆に善玉菌が多いと腸が良い環境で保たれるので、腸内の活動が活発になって栄養が消化吸収されやすくなり、老廃物や有害物質を溜めにくくなるとのこと。 血液もサラサラになって全身の細胞に行き渡るため、代謝の良い痩せやすい体質に! そんな誰もが羨ましがる痩せ体質になるのに役立つのが、寝る前ヨーグルト習慣なんです。

 

Sponsered Link




 

寝る前ヨーグルト習慣で痩せ体質に

腸の活動は副交感神経がコントロールしています。 そのため、夜に活発化する副交感神経と共に、腸の働きも活発化します。 副交感神経のピーク午前0時までに、善玉菌の働きをサポートする乳酸菌を腸に届けておくと活動がスムーズになると言われています。 少し小腹が空いてくる寝る1時間前後位に、200g程度のヨーグルトを食べると効果的! 

摂取カロリーを控えて腸の活動をサポートし、痩せ体質に近づくことが出来ます。 

プレーンヨーグルトをそのまま食べても良いのですが、フルーツを入れてハチミツを少々加えるのがオススメ。フルーツには、善玉菌のエサになるビタミンCと食物繊維が含まれ、ハチミツにはやはり善玉菌のエサとなるオリゴ糖や整腸作用のあるグルコン酸が含まれています。

 

寝る前に小腹が空いてしまった時、フルーツヨーグルトのハチミツ掛けを楽しむ。 おいしくて楽しそうな習慣、早速始めてみませんか?

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください