隠すのはもうヤダ!8割が悩む目の下のクマのケア方法を知りたい!

目の下のクマが出来ると朝からすごくテンションがさがってしまいますよね。コンシーラーできれいに隠れればまだいいけど、なかなか隠れてくれないしぶといクマに悩む人も多いはず。そんなクマに悩む人にお手入れ方法と効果的な成分を紹介しようと思います。

 

Sponsered Link




 

まずは自分のクマのタイプを知ることが大切!

参考1でクマのタイプをチェックしてみてくださいね!そして参考2でタイプによるコンシーラーの色を紹介しているので、是非参考にしてみてくださいね!

 

参考1) 青クマ?茶クマ?黒クマ?目の下の嫌~なクマのタイプを知ろう!

参考2)クマの種類によってコンシーラーを使い分けて、目の下のクマを消そう!

 

では、早速クマの種類別にお手入れ方法と効果的な成分を紹介しようと思います!

 

青クマ

血行不良型のクマの「青クマ」は、血行をよくするマッサージやツボ押しを行いましょう!目を酷使しすぎず睡眠をしっかりとること・冷え改善のためにアイマスクやホットタオルや入浴等も効果的です。

効果的な成分:カフェイン・ビタミンE・カプサイシン・ゴールデンカモミールなど

 

黒クマ

たるみ型の「黒クマ」は、目だけを上下左右に動かし、眼輪筋トレーニングを行いましょう!コラーゲン生成を促すケアやむくみ対策(塩分や冷たい飲み物を控え、運動するなど)をしましょう!

効果的な成分:レチノール・ビタミンC誘導体・ペプチド・幹細胞培養液・EGFなど

 

茶クマ

色素沈着型の「茶クマ」は、炎症をおさえて美白ケアをするのが効果的!アイメイクはこすらずに優しく落とし、目をこする習慣がある人はやめる努力をしましょう!UVケア商品で目元の紫外線対策をすることも大切です。

効果的な成分:ビタミンC誘導体などの美白有効成分など

 

 

疲れた印象や老けた印象を与える目の下のクマ。

眼球の周りはクッションのような役割を果たすやわらかい脂肪でおおわれていて、それをとても厚いまぶたが支えています。まぶたには汗腺がなく、皮脂腺も少なく、角質を薄いので乾燥しやすく神経も敏感な状態です。さらにまばたきなどで絶えず動く部分なので負担もかかりやすく、しわやたるみが起こりやすい部分です。またまぶたはメラニサイトの活動が盛んなため、とくに色素沈着を起こしやすい部分になっているため、若いうちからクマが気になる人も多くいます。

 

まずは自分のクマがどのタイプかをしっかり把握して、しっかりケアすることが大切です。黒クマ・茶クマは良くなるのにはどうしても時間がかかります。なので若いうちからしっかり予防・ケアしてあげましょう!

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください