日本は自粛延長決定。一方韓国は外出自粛要請を5日に解除

日本は5月6日までの「緊急事態宣言」を、5月31日までに延長すると正式に決定した。 首相は対策本部で「現時点ではかなりの数の新規感染者数を認め、感染者数の減少も十分なレベルではない。医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している地域もみられる」とのこと。31日とはしていますが、「5月14日をめどに専門家に状況を改めて評価していただきたい」と述べ、期限内にも解除を検討する意向を示したようです。

 

一方、韓国政府は 感染拡大防止のために3月中旬から実施してきた、外出自粛要請を含む「社会的距離の確保」の取り組(外出自粛要請)を今月5日に解除し、日常生活の中で新型コロナウイルスへの感染を防止する取り組みに移行すると発表。

6日からは感染防止を徹底しつつ、社会活動や経済活動を行う新たな取り組み=「生活防疫」に移行。防疫指針の順守を前提に外出や集会、行事の開催を認め、国立公園や美術館、劇場など営業を中断している施設についても、今月末までに順次再開する予定です。

朴凌厚 保健福祉相 は、「日常生活と社会・経済活動を再開して、新型コロナウイルスの感染防止を共に達成する、新しい日常をスタートする時がきました」などと発言 した一方で、 の措置について「感染の終息を意味するものではない」と強調。 定期的に状況を評価し、感染が再び拡大すれば直ちに強力な感染防止策を実施する方針です。

 

早く日本も今の状況が落ち着き、出来るだけ早く元のような生活に戻れる日がくることを願います。

 

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください