リキッドファンデやパウダーは何を使って塗る?ブラシ塗りのポイントとは?

私もリキッドファンデはそのまま手で塗ったり、パフを使用していましたが、メイクアップアーティストや美容家さんがブラシを使う人が多くて気になっていました。そこでブラシを使うとどのようにいいのかをご紹介しようと思います。

 

まず「ブラシ塗りをすすめる理由」をご紹介します。

 

薄くナチュラルに仕上がる:自然に仕上げるには量がポイントになり、手やパフではムラなく塗るのが難しいが、ブラシだと繊細な作業が出来るため可能

自然なツヤが出る:繊細なブラシが肌の表面をムラなく整えるため、光をきれいに反射して自然なツヤが出る

密着力が高くて化粧崩れしにくい:ブラシの毛先がキメや毛穴の細かい凹凸にまでファンデを薄くなじませるため、時間がたっても崩れにくくなる

 

ではここからは、

  • リキッドファンデーションをブラシ塗り

  • パウダーファンデーションをブラシ塗り

の2つに分けて書いていこうと思います。

 

Sponsered Link




リキッドファンデーションをブラシ塗り

リキッドファンデに使用するブラシは、コシがあって先端が薄く平べったくなったものを使うと小回りがきいて塗りやすいです。ブラシを使用することによりムラなく薄く塗ることが出来て、みずみずしいツヤが出て内側から潤いがあふれ出るようなお肌を演出してくれます。

 

  1. 顔全体に下地を塗った後に、手の甲にリキッドファンデを出してララ氏の毛先に少量含ませる。
  2. 目の下の顔の中心部分から外側に向けて少しずつしたにずらしながら軽い力で塗る。
  3. 額は眉間から生え際に向けて塗りますが、その際のファンデの量がかなり少なめでOK
  4. ブラシに残ったファンデで、ブラシを垂直にたてて塗って、鼻回りを薄くカバーします。
  5. そのまま上まぶたの内側から外側に向けて塗り、ごく薄くカバー
  6. よれやすい下まぶたはどこの箇所よりも薄く!
  7. 最後にスポンジで押さえると密着力がさらに高まり、崩れにくくなります。

 

 

パウダーファンデーションをブラシ塗り

パウダーファンデに使用するブラシはいろんな種類があるため、自分に合ったブラシを探さなくてはいけません。商品に付属されているものもありますが、人気なパウダーファンデ用のブラシを使うことでよりきれいに仕上げることが出来ます。パウダーファンデをブラシで塗ると、粉っぽくマットになりがちなパウダーファンデも、ブラシで磨くように塗るとシルクの光沢感が出ます。濃密な毛先で一気に磨ける毛先がフラットなブラシがおすすめです。

 

  1. ファンデーションの表面にブラシ全体をあてて薄くブラシにとり、一旦ティッシュの上で表面に浮いた粉をブラシに馴染ませます。
  2. 目の下の中心部から外側に向けて塗り、少しずつ下にずらしながら塗ります。
  3. 額にはごく薄く、眉間から生え際に向けて塗ります。
  4. 小鼻はくるくると埋め込むようにして毛穴をカバーします。
  5. 下まぶたはごくごく薄く、内側から外側に向けて塗ります。
  6. 仕上げにフェイスラインをブラシでぼかして、しっかり馴染ませて仕上げます。

 

少し崩れにくいな、馴染みが悪いなという人は是非ファンデをブラシ塗りしてみてはいかがでしょうか?もちろんカバーするよりもスキンケアできれいな肌になるのが1番ですが!皆さんのお肌が少しでもきれいになるように、きれいに見えるようになるよう、お手伝い出来たら嬉しいです。

私も韓国人女性に負けないような素肌美人になれるよう頑張ります!笑

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください