なかなか良くならない身体のニキビの原因と予防法!

顔意外の部分に出来る身体ニキビ。夏は肌の露出が多くなり背中やデコルテなどは目立ってしまうし、冬は着こんでいったのに動いたら熱くなって意外と汗をかきやすいですよね。身体のニキビを予防するためには、日常のケアが大切なので、今回は原因と予防法をご紹介していこうと思います。

 

夏に水着を着たり露出の多いファッションになるとどうしても気になるのが背中やデコルテのニキビ。特に背中のニキビは直接目で見えないので見つけにくく、そのため悪化しやすく治りにくいですよね。身体のニキビは頭皮や首、胸、背中やお尻などに出来やすく、皮脂の分泌が多い体の中心洗浄がニキビが出来やすい部分になっています。

 

Sponsered Link




 

身体のニキビの原因は、シャンプーやリンス、ボディーソープの洗い残し、洗濯洗剤や柔軟剤が肌に合わない場合、ナイロンタオルでの過剰な摩擦は長時間の衣服による刺激などがあげられます。

お尻のニキビは、ストッキングやガードルが原因になることもあります。長時間椅子に座っていると、いすと接する部分に汗をかきやすくなり、汗を放置することによって雑菌が繁殖してニキビが出来やすくなるのです。

 

身体のニキビを予防するためには、常に身体を清潔に保ち、汗や皮脂を体に残さないことが大切です。また入浴の際には湯船につかって新陳代謝を高めるとより効果的です。

身体を洗う順番も重要で、まず身体を洗ってから洗髪する人も多いかと思いますが、「頭→身体→顔」の順番で洗うことで、体にシャンプーの洗い残しが軽減されるため、ニキビ予防になります。

皮脂を取りすぎるのも原因の1つとなるので、ボディーソープは低刺激のマイルドなものを使用するようにし、ナイロンタオルでゴシゴシこすって洗うのも布や絹のぼでいータオル、または手にしっかり泡立ててからやさしくなでるようにして全身を洗うようにしましょう!

特にデコルテは皮脂が薄く、デリケートな部分なので身体の中では一番注意してあげましょうね!

 

そして背中のニキビは寝汗が原因になることもあります。寝汗は気づかないうちに思った以上に出ているものです。インナーやパジャマは吸水性の良いものを選び、清潔なものを身に着けるようにしましょう。

 

お尻にニキビが出来やすい場合は、むれやすいガードルの着用は控えるようにし、ストッキングはタイツタイプではなくガーターベルトでとめるタイプのものにすることでむれを軽減することが出来ます。

 

また、ストレスやホルモンバランスの乱れも皮脂の過剰な分泌や皮膚の代謝を滞らせる原因になるため、規則正しい生活を心がけ、睡眠を十分にとり、ストレスをうまく発散することも大切です。

 

顔だけでなくしっかり体もケアして、全身ニキビのない肌になれるように頑張りましょう!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください