崩れないメイク!このひと手間で大きな差に。ベースメイク編

せっかくお出かけの前にバッチリ仕上げたのに、気づいたら「あれ?なんでもうテカってるの!」 なんてことありますよね。今回は、化粧崩れで一番気になる部分、お肌の全体に塗るベースメイクである下地・コンシーラー・リキッドファンデ・パウダーに関してQ&A方式で書いていこうと思います。

 

ベースメイクが崩れると清潔感が損なわれ、老けにも直結します。せっかく綺麗に仕上げるメイクアップなら、ひと手間かけて少しでも綺麗な状態を長くキープするために頑張りましょう!

 

Q.下地は少ない方が崩れない?

A.メーカーの推奨量が確実ではありますが、下地はファンデーションと肌をぴたっっと密着させるもので、少なすぎるとその効果が低くなります。

 

Q.塗ったそばから垢のようなものがポロポロ出てくるのは?

A.スキンケアと下地の相性が悪いか、塗るときの圧が強すぎてスキンケアの美容成分をこすり取っている可能性もあります。オフしてやりなおすのが一番ですが、無理ならポロポロ落ちるものをブラシでササッと軽くなでおろすようにして払い落としましょう。

 

Sponsered Link




Q.混合肌で崩れやすい場合は?

A.混合肌の場合は乾燥しているところとテカりやすい部分で使うものを変えたり、部分用の商品を使いましょう。乾燥する場所にはパウダーを避け、ハイライターなどでカバーしましょう!

 

Q.カバーしたいからついコンシーラーが厚塗りになってしまう

A.コンシーラーを塗ったあと指でぼかすと全体的に厚塗りに見えるだけでなく、ぼかした分カバー力が物足りなくてどんどん重ねる羽目になります。なので指でぼかさず、細筆をつかい広げすぎないようにしましょう!

 

Q.お粉を使うと乾燥するって本当?

A.乾燥しやすくなります。スキンケアが足りない人などは特に乾燥してしまうため、今ではクッションファンデなどツヤを出すタイプもあるので、そちらがおすすめです。Tゾーンなど使い分けするといいと思います!

 

Q.メイク持ちを高めるためには?

A.厚みのあるスポンジで密着感をアップさせたり、メイクアップフィクサーやミストをふんわり浴びて肌にしっかり馴染ませましょう。1枚ずつはがしたティッシュで余分な油分をオフするのもテカり防止になりますよ!

 

Q.崩れてしまった時のごまかし技ってない?

A.人の視線が集まる目の下の三角ゾーンをきれいに見せればごまかせます。軽くBBクリームなどを塗ると美容成分を与えながら肌の補正まで1本でカバーできます。

 

今の化粧にひと手間をかけることで、化粧崩れが予防出来て逆に化粧直しの時間が短くなるかと思います。クエスチョンで気になる部分をしっかり確認して、是非チャレンジしてみてくださいね!朝の綺麗なお顔を少しでも維持出来るように頑張りましょう~!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください