2018年の韓国の旧正月の日程は?旧正月の挨拶の仕方

日本と違い、韓国では「旧暦で新年を祝う」文化があり、これが韓国の「旧正月」にあたります。韓国同様、中国や台湾でも旧暦で新年を祝うことが一般的であるため、日本にある中華街やコリアンタウンなどでも2月の旧正月にはイベントが行われることがあります。

今回は韓国の2018年の旧正月の日程と旧正月の挨拶を紹介していこうと思います。

 

Sponsered Link




 

韓国旧正月の2018年の日程は2月15日から17日の3日間となります。これは旧暦カレンダーに沿って決まっているものであり、10年先の旧正月日程もすでに決定しているということになります。ただ一般的な韓国人もカレンダーを見て確認したいと、旧正月がいつか知らない人が多いようで、年を越えてから旧正月がいつか確認する人も少なくないです。

今年は2月18日が日曜日なので、会社員や学生は4連休となる人が多いようです。韓国では大型連休が多くないため、こういった連休を利用して地方にある実家に帰省したり、最近では海外旅行へ行く方も増えている傾向があります。

 

韓国の旧正月では、お正月当日の朝に両親や親戚など、目上の人に対して伝統的な挨拶を行うことが一般的です。

「新年の福をたくさん受け取ってください」という意味の「새해 복 많이 받으세요」という挨拶は、日本でいう「あけましておめでとうございます」と同じ意味合いを持っています。そのため、家族だけでなく友人や恋人、お店の店員さんや道行く人にも使える一番定番の旧正月の挨拶となっています。

 

「今年一年も健康で過ごしてくださいね」という「올 한해도 건강하게 잘 지내세요」などという挨拶も「あけましておめでとうございます」と合わせて、よく使われている言葉です。ニューイヤーカードなどでも、一般的なフレーズとして可愛いイラストと共に描かれていることがありますね!

 

最近では韓国では若者ではカカオトークで挨拶するのが主流になっていますが、カカオトークや旧正月が近いけど正月越すまできっと会わないだろうなという時には、先に挨拶をするのが基本です。1年間の感謝と一緒に「よいお年を」という感覚でやり取りをするので、「あけましておめでとう」と「よいお年を」というどちらの意味も持っていると思うとわかりやすいかもしれないです。

 

じゃあ今日から旧正月に韓国は入ったので、知り合いの韓国人のお友達などに連絡してみてはいかがでしょうか?

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください