韓国にお年玉はある?韓国のお年玉と旧正月の食べ物・その期間の韓国旅行

韓国も日本と同じように、旧正月元旦の朝には、両親に丁寧な挨拶をして、お年玉をもらうのが子供たちの楽しみでもあるようです。日本では特に挨拶をしないでも軽く「あけましておめでとうございます」くらいでもらえたりするのが最近増えているとは思いますが、韓国では挨拶の際には頭を床につける「クンジョル」と言う「大きい挨拶」を行ってからもらえるシステムです。旧正月にする「クンジョル」は特別に違う名前があり、「セベ(새배)」と言います。これは結婚の挨拶や正式な場でも行われている韓国伝統の挨拶儀式でもありますが、しっかり立って座って頭をしっかり下げてから「お年玉」である「セベットン(새뱃돈)」が受け取れます。

この年になっても少し年上の人に冗談で「お年玉頂戴」というと「セベしたらあげる~」なんていう人もいるので、周りに韓国人のオッパやオンニがいる人はやってみては?笑

 

Sponsered Link




 

そして日本ではお正月に「お雑煮」を食べますが、韓国では「トック」と呼ばれる、お餅の薄切り入りスープを食べます。そして、カルビを蒸したカルビチムや春雨のチャプチェ、チヂミ、色とりどりのナムルやキムチなども旧正月料理の定番となっています。

韓国では昔から「餅」が愛されているため、旧正月にカフェを訪れると「旧正月のお祝いに」とお餅が無料でサービスされることも珍しくありません。日本の白いお餅と違い、おやつや間食としても食べられている韓国のお餅はグリーンやピンクという色鮮やかで目にも楽しい美味ですよ。

 

そして昔は旧正月に韓国に行くと全然お店が空いてないからオススメしないという人が多かったと思いますが、韓国の旧正月にはデパートや百貨店、スーパーなど主要なショッピングスポットがお休みとなる影響で旅行代金がお安くなる傾向があります。以前は明洞の繁華街もお休みをとるお店が多かったのですが、ここ最近では外国人観光客誘致に力を入れている影響もあり、意外にも営業しているお店が多かったりするので、私は逆に旧正月がねらい目じゃないかなと思います。

ただ屋台などを期待して行くと屋台や個人的なお店はほぼ休みになるので、残念感が半端ないかもしれないですね。そして東大門エリアのファッションビルでは、特に卸売市場はほとんどがお休みとなります。旧正月は飛行機代金も比較的安く、ホテルも予約が取りやすいですが、目的に応じて必ず営業しているかどうかを確認しましょう!

 

ロッテワールドやエバーランドのようなテーマパークでは旧正月の特別イベントが開催されることが多いため、お休みとなることはあまりないようです。なので少しでもお安く韓国旅行を楽しむために旧正月を狙う方は、しっかりと下調べをしていくのがおすすめです!

 

韓国の旧正月前には、免税店がとても賑わいます!その理由は、韓国でも日本同様海外で旧正月連休を過ごす方が年々増えているからです。事前に韓国内の免税店でお買い物を楽しむ韓国人の方が多く、同じく旧正月の文化がある中国人の方も韓国には多く訪れるので、ソウルでも特に人気の明洞・ロッテ免税店や南山・新羅免税店などは、ものすごい活気に溢れているようです。

 

もちろん免税店で購入した商品の多くは、空港で出国の際に受け取ることになるため、空港の免税品受け取りカウンターも大混雑します。 韓国旅行では欠かせない免税店のショッピングですが、受け取りに思ったよりも時間がかかって空港内を走るなんてことにならないように、旧正月期間に利用する際には、必ず時間に余裕を持ってお買い物を楽しんでくださいね!特に、空港には通常より早めに到着しておくことをおすすめします。

 

韓国と日本の大きな違いのひとつである「旧正月の文化」。まだ韓国の旧正月を体験したことのない方は、ぜひお安く行ける旧正月期間に韓国を訪れて、韓国の旧正月料理や伝統行事に参加してみるのもおすすめですよ!

気になる記事を探してみよう!記事一覧へ

 

Sponsered Link




フェイスブック・ツイッターマークを押すと「きまぐれクマ日記」のブログがすぐにシェア出来ます。ライン・カカオトークでも友達に簡単に紹介出来ます。

よりたくさんの人に韓国と美容を広めたいため、是非広めていただけると助かります。よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください